本文へ移動

業務案内

設計業務

建築主の希望や予算を踏まえて法律や各種条件を検討し最良の建物を計画する基本設計に基づき詳細な設計図書を作成します。
また、建築確認申請が必要な物件においては建築確認申請書及び添付書類の作成を行い、建築主の代理者として申請を行います。

監理業務

工事が設計図書通りに施工されているか確認し、各段階において適切な検査を行います。
工事現場において現場監督が統括する業務は工事管理であり、建築士が行う監理とは別物です。

耐震補強業務

現行法の基準が満たされていない既存建築物(木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造)において、耐震性能を向上させるために行う工事を耐震補強工事といいます。

定期報告業務

不特定多数の人間が利用する建築物(特殊建築物)や一定規模以上の建築物の所有者又は管理者は、定期に建築士等に状況の調査をさせてその結果を報告しなければいけません。
それら調査や点検及び報告書の作成、提出を行います。

各種調査業務

敷地、建築物、設備等の様々な調査を行います。

地図
TOPへ戻る